エロス

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数296
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート女性人間言葉原理幸福同性愛神話目的

    代表キーワード

    エロス

    資料紹介

    ギリシア神話の神であるエロスについて書いたレポートです。
    文献を多く使ったので質は高いと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「エロス」・・・ギリシア神話の愛の神。(広辞苑)。私は「エロス」という言葉に対して、卑猥、汚れている、性欲など、あまりいいイメージを持っていなかった。この時点では、まだ「エロス」本当の意味を知らなかった。なので、「エロス」に愛の神という意味が込められていることを知った時、私はとても驚いた。このレポート作成を通じて、私は、「エロス」について深く知ることが出来た。
    谷川先生が提示した参考文献の中から、プラトン著の「饗宴」を選ぶことにした。選んだ理由としては、今まで私が偏見を持っていた「エロス」という言葉をいろんな方面で理解することができたからだ。本の内容は、悲劇詩人アガトンが主催した饗宴において、当時紀元前416年のアテナの優秀な教養人(ファイドロス、パゥサニヤス、エリュキシマコス、アリストファネス、アガトン、)がエロスについて個人個人の意見を述べるという物である。私は彼らの演説を自分なりにまとめてみた。
    最初に演説を始めたのはファイドロス。彼によれば、エロスの本質として挙げるべきことは、その出生が極めて古いことであった。エロスは最初の神様であるが、最初の者は最も尊厳に値する者でなければな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。