日大通信 英米文学概説メディアMA 最終レポート試験

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数554
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日大通信英米文学概説メディアMA 最終レポート試験のレポートです。丸写しはせず、あくまでも参考レポートとしてご利用下さい。参考文献:日大通信教科書 英米文学入門
    (問)メディア授業の内容を踏まえ、イギリス文学ならびに文化の特徴と思われるものについて、文学作品に言及しながら、2000字以上、3000字以内で述べなさい。その場合、特徴を5点に分けて述べよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    英米文学概説MA 最終試験
    メディア授業の内容を踏まえ、イギリス文学ならびに文化の特徴と思われるものについて、文学作品に言及しながら、2000字以上、3000字以内で述べなさい。その場合、特徴を5点に分けて述べよ。
     イギリス文学ならびに文化の特徴と思われるものの文学作品を挙げながら5点に分けて述べていく。
     ①古代の英文学の作品でまず取り上げられるのは「Beowulf」である。この作品は現在のオランダにあたる国の勇者ベーオウルフが若い時、現在のスウェーデンの国王が宮殿近くの沼に住む怪獣グレンデルに臣下を食い荒らされて窮地におちいっているところへ駆けつけ、グレンデルを退治するが、老いて国王となったのちに、自分の国が怪獣に荒らされたので、忠臣とともに戦い、相手も倒すが自分も倒れてゆくという内容である。この作品から読み取られるのは「運命感」と「精神的特徴」である。「運命」はヴュルドと言い、人間にかかわることは、英雄的な行為にしても所詮超自然的な力によって滅びざるを得ないという思想である。さらにこの作品では早くもキリスト教の影響がうかがえる。国王に対する忠臣の姿勢にはキリスト崇拝の形が伺え、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。