日大通信 平成27&28年 会計学(R318000) 分冊1 合格レポート

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数457
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日大通信会計学(R318000) 分冊1合格レポートです。丸写しはせず、あくまでも参考レポートとしてご利用下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    会計学 (R32800)  分冊1
    わが国の財務会計概念のフレームワークの役割と会計基準を取り巻く環境についてまとめ、さらに会計情報の質的特質について説明しなさい。
    ポイント:討議資料「財務会計の概念フレームワーク」の意義を理解した上で、フレームワークの機能および会計基準を取り巻く環境がいかに変化しているか、さらに、会計基準の内的整合性と比較可能性についてまとめて欲しい。
    キーワード:概念フレームワークの役割(機能)意志決定有用性、国際会計基準、米国会計基準、質的特性
    参考文献:日大通信「会計学」教材
    ----------------------------------------------------------
     概念フレームワークとは、企業会計の基礎にある前提や概念を体系化したものである。その意義は、財務会計や財務報告の役割に関し、資本市場を効率的に推進し、希少資源の効率的な配分を促進するのに役立つ財務情報を公平に提供することにある。 それによって、会計基準に対する理解が深まり、その解釈についての予見可能性も高まる。概念フレームワークは財務諸表の利用者に資するものであり、利用者..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。