日大通信 平成27&28年 英米文学概説(N203000) 分冊2 合格レポート

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数600
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日大通信英米文学概説(N203000)分冊2合格レポートです。丸写しはせず、あくまでも参考レポートとしてご利用下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    英米文学概説【分冊2】
    教材の第5章を読んで、William Shakespeareの劇について著者が主張する特質を、作品から引用しながら、小説の場合と比較しつつ、論述しなさい。
    <ポイント>教材を良く読んで理解し、課題に沿って、自分の言葉で解答をすること。論述の際、見出しを付けたりしないこと。文学作品の例は原文を引用し、それに基づいて論述すること。
    <キーワード>なし
    <参考文献>日本大学通信教科書 「英米文学概説」
    --------------------------------------------------------------
     William Shakespeare(1564-1616)はイギリス・ルネサンス期を代表する劇作家である。 シェイクスピアの戯曲の多くは、洋の古今東西を問わず世界全体の中で最も優れた文学作品として評価され、死後400年近くたった今も人々に愛され続け、様々な劇場で彼の作品は上演し続けられている。同世代の他の作家は、非常に難しい表現をする傾向にあり、現在学校や普段読みには敬遠される傾向にある。それに比べ、シェイクスピアの作品は、優しい表現で書かれ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。