日大通信 平成27&28年 国際金融論(S312000) 分冊1 合格レポート

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数537
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日大通信国際金融論(S312000) 分冊1合格レポートです。丸写しはせず、あくまでも参考レポートとしてご利用下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    国際金融論 分冊①
    企業が行う為替リスクへの対策にはさまざまな方法があるが、それらについて説明しなさい。さらに為替リスク管理の必要性が高まった理由や背景についても論じなさい。
    ポイント:①企業内ヘッジと企業外ヘッジの違いは何か
    ②金ドル交換停止(ニクソンショック)以降、世界経済にはどのような変化が起きたか。
    キーワード:フォワード、フューチャー(ズ)、オプション、スワップ、金ドル交換停止
    参考文献:「国際金融論」日大通信教科書
    「国際金融のしくみ」(出版:有斐閣アルマ) 秦忠夫・本田敬吉他
    ----------------------------------------------------------------------------
     企業が安定的な経営を行うためには、為替リスク管理を適切に認識し、企業の期待収益の変動幅を出来るだけ少なくするための対応ないし取り組みが必要である。為替レートの変動による影響をなくす、あるいは少なくする為のヘッジは、期待キャッシュフローのばらつきを減少させ、リスクそのものを縮小するのである。ではそのリスクへの対策には具体的にどのようなヘッジ方法があ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。