日大通信 平成27&28年 会計学(R318000) 分冊2 合格レポート

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数524
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日大通信会計学(R318000) 分冊2合格レポートです。丸写しはせず、あくまでも参考レポートとしてご利用下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    会計学 (R32800)  分冊2
    わが国の企業会計制度の特徴は何か、また、その制度が社会から認められるためには、一連の会計原則や会計基準がGAAP(Generally Acceptance Accounting Principles) : 一般に認められた会計原則)として成立しなければならない。そこで、わが国の企業会計制度とGAAPを整理し。GAAPの必要性について説明しなさい。
    ポイント:わが国の企業会計制度(会社法会計、金融商品取引法会計、税法会計およびそれらを支える会計原則・会計基準)について説明し、それらを支えるGAAPとは何か、また、何故GAAPが必要なのかについてまとめなさい。
    キーワード:GAAP、会社法会計、金融商品取引法会計、税法会計 、企業会計原則
    参考文献: 日大通信「会計学」教材
    ----------------------------------------------------------
     わが国の企業会計制度は、企業会計原則を基礎におきながら大きく分けて3つに分けられる。①債権者保護を理念とする会社法とその会計、②株主保護を理念とする金融商品取引法と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。