歴史メディアMB最終試験

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数531
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    歴史メディアMB最終試験の合格レポートです。丸写しはせず、あくまでも参考レポートとしてご利用下さい。

    参考資料 日大通信教科書 「歴史学」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【歴史メディア最終試験】  
    (※選択問題4を選択)
    4.第一次世界大戦の勃発とオーストリア・ドイツ・イギリス3か国それぞれの外交政策との関係についてまとめなさい。
    -----------------------------------------------------------
     第一次世界大戦の発端はオーストリアの皇太子夫妻がセルビア人に暗殺されたサラィエボ事件であった。この事件は戦争を始めるのに十分な理由であったが、オーストリアの外交政策はこれを機にそれまでの平和強調政策から、強硬な戦争政策へと転じ、それがヨーロッパ大戦の勃発に繋がった訳ではなかった。なぜならオーストリアは サラィエボ事件よりもっと前からスラブ民族に対する攻撃的外交政策を実行し、その外交政策は強硬な現状打破の政策だったからである。ドイツの支援を得てオーストリアの積極的・攻撃的外交政策は結果的に、ヨーロッパ大陸戦争へと拡大し、第一次大戦の発端となった。オーストリアはヨーロッパ強調ではなく、武力を用いた単独行動に自国の大国としての存続をかけていた。1908年のボスニア危機で、青年トルコはボスニア・ヘルツェゴヴィ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。