政治学メディアMB最終試験

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数454
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    政治学メディアMB最終試験合格レポートです。丸写しはせず、あくまでも参考レポートとしてご利用下さい。

    参考文献: 日本大学通信教科書「政治学」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【政治メディア最終試験】
    わが国における国会と内閣との関係について述べよ。
    -----------------------------------------------------------
     我が国における国会と内閣の関係は非常に緊密である。明治憲法においては、天皇を頂点とし絶対主義的な統治機構になっており、立法、行政、司法、軍事が天皇統治の中枢に求心的に統合されていた。現在の日本国憲法のもとでは、内閣が国の「行政権」を担当する合議体の執行機関であり、国会が衆議院及び参議院の両二議院で構成された立法権を担当する国の唯一の「立法」機関であり、国民の代表機関としての性格も有する。日本国憲法では、「国会は、国権の最高機関であって、国の唯一の立法機関である」(憲法第41条)、「行政権は、内閣に属する」(憲法第65条)、「すべての司法権は、最高裁判所及び法律の定めるところにより設置する下級裁判所に属する」(憲法第76条第1項)、と規定し、立法権が唯一の立法機関である国会に帰属していることを示している。国会は、内閣との共同作業で立法している。法律案も内閣又は議員が作成して提出し、国会で審議さ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。