日大通信 貿易論メディアMA 最終レポート試験

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数516
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日大通信貿易論メディアMA最終レポート試験のレポートです。丸写しはせず、あくまでも参考レポートとしてご利用下さい。 参考文献:日大通信教科書 貿易論

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【貿易論メディアMA(0822) 最終試験レポート】
     自由貿易による産業調整の結果、比較優位を持つ産業が時代によって変化することは、明らかである。それが資源の効率的な配分を実現する可能性はあるが、同時に一時的な失業の急増や工場の閉鎖などを引き起こし、深刻な社会的摩擦を高める恐れがある。製造業の工場などの海外移転がいわゆる地域や日本経済全体の空洞化をもたらすという懸念はその一例である。こうした事情から、産業調整の速度を落とすために、一時的に輸入の自由化を送らせたり、部分的に規制を強化したりするなどの措置が考えられ、実際に日本を含めた多くの国で実施されている。しかしこれらの措置はあくまでも暫定的であるべきであり、貿易自由化を送らせることの費用と社会的な摩擦の緩和から得られる利益とトレードオフを、的確に判断する必要がある。
     衰退産業における労働者の失業などの産業調整コストを「誰が」負担するかについてはいくつか可能性がある。1つは「国民全体による負担」である。失業により所得を失った労働者や地域に対して税金・補助金による所得再分配を通じて、社会全体で費用を負担すべきであるという考えである。も..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。