日大通信 平成27&28年 貿易論(S30400)分冊2 合格レポート

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数490
ダウンロード数28
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日大通信貿易論分冊2の合格レポートです。丸写しはせず、あくまでも参考レポートとしてご利用下さい。(問)世界貿易の自由化に取り組んできたGATT・WTOに共通する考え方、GATTと比較した場合のWTOの改善点(WTOの仕組み上の特徴)を論じた上で、WTOの直面する課題とドーハ・ラウンド(ドーハ開発アジェンダ)における課題について述べよ。
    参考文献:貿易入門 久保広正 日本経済新聞社 2006.7.5出版 p.129~
    WTO入門 UFJ総合研究所新戦略部通商政策ユニット 日本評論社 2008.2.10 出版 第1章&2章参照

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【貿易論 分冊2】
    世界貿易の自由化に取り組んできたGATT・WTOに共通する考え方、GATTと比較した場合のWTOの改善点(WTOの仕組み上の特徴)を論じた上で、WTOの直面する課題とドーハ・ラウンド(ドーハ開発アジェンダ)における課題について述べよ。
    キーワード:ブレトン・ウッズ体制、無差別原則、紛争処理機能、新分野(サービス貿易など)、地域経済統合
    ——————————————————————————
     第二次世界大戦後の1947年に成立したGATT (General Agreement on Tariffs and Trade:関税と貿易に関する一般協定)とそれを発展的に引き継ぎ1995年に発足した WTO( World Trade Organization:世界貿易機関)が軸となり、 経済・貿易の枠組みが設定されたことを受け世界の貿易は順調に発展した。
      戦前、 自国が属する地域の産業を保護するため、世界諸国では様々な保護主義的措置を行ってきた。その結果、世界貿易の枠組みが崩壊した事が遠因の一つで第二次世界大戦は勃発した。戦争の大勢が決した 1944年7月にアメリカにあるブ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。