教育社会学①(by立命館大卒)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数216
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    教育社会学の第1設題の模範解答です。A評価を頂きました。 「学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べてください。」についてのレポート。参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べてください。
     本稿では参考として、テキストである『教育の比較社会学』の第2章を中心に論述する。まず、学歴社会とは何かについて述べる。そして学歴社会成立の経緯について述べつつ、学歴社会では「学歴」そのものがどのように評価され、何が問題であるのかを明らかにしたい。その上で、高学歴化、すなわち学歴社会化が教育にどのような影響を与えるのか、最後に今後の学歴社会には何が求められているのかを考察する。
     学歴社会とは、「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」を意味する言葉である。ここで重要なのは、学歴社会という言葉がただ単に教育を重視する社会であるという意味、それ以上のものがあるということである。
     これについては、まず学歴社会が成立しこれまで継続してきた経緯について見ながら考察していく。これまで学歴社会に対しては様々な批判がなされてきた。就職・昇進や結婚と関係した大学間格差の存在や、学歴による差別に対する批判はその代表的なものである。しかし、こうした批判..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。