スポーツ論入門①(by立命館大卒)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数1,238
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    スポーツ論入門の第1設題の模範解答です。A評価を頂きました。
    「自己のスポーツ(身体運動)体験を通して獲得したもの、現在、獲得しようとしているものを具体的に記述しなさい。」についてのレポート。参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    自己のスポーツ(身体運動)体験を通して獲得したもの、現在、獲得しようとしているものを具体的に記述しなさい。
     本稿では、自己と他者(ここではプロ野球選手)のスポーツ体験を通して、それぞれ得られたもの、壁にぶち当たった際に克服するためにどのような努力を行ったか等、肉体的・精神的な視点(特に精神的視点)から分析し、スポーツを通して人々がどのように成長していくのかを考察する。
     私は、これまで様々なスポーツやトレーニングを体験してきた。ここでは主に、水泳、ジョギングの2種目について自己の体験を述べる。
     水泳は、私が幼少期の頃、身体作りを目的として、親の勧めで始め、高校時代まで続けたスポーツである。水泳は、5歳のときに家からバスで20分ほどかかる水泳教室で習い始めた。水泳で求められる基本動作は3つあり、「浮く」「泳ぐ」「呼吸する」に分類される。また、競技にも4種類あり、競技水泳、飛込競技、シンクロナイズドスイミング競技、水球競技に分類される。私が水泳教室で学んだ競技は、競技水泳、飛込競技の二つである。さらに、競技水泳には、自由形、背泳ぎ、平泳ぎ、バタフライ、個人メドレー、リレー、メドレーリレ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。