【2016年度対応】 S0101教育原論 第1設題&第2設題セット A評価

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数631
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育課程 
    <2015年度最新版 教育原論レポート 第1設題&第2設題セット>

    お得なセット販売です!

    両設題ともA評価をいただいております。

    レポート作成や試験対策に、お役立て頂ければ幸いです。

    ■他にもレポート、試験対策資料など多数販売しておりますので、ぜひご活用ください。
    http://www.happycampus.co.jp/?__a=gnb

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    佛教大学通信教育課程 
    <2013年度版 教育原論レポート 第1設題&第2設題>
    教育原論の第1設題と第2設題のレポートです。お得なセット販売です。 テキストに沿って要点をまとめており、どちらもA評価を頂きました。試験対策やレポート作成時に、お役立て頂ければ幸いです。
    【第1設題 ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)について考察せよ。】
    【第2設題 ジョン・ロックにおける子どもの教育論、特に習慣形成や賞罰法を中心に述べよ。】
    第1設題 ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)について考察せよ。
     教育実践家として知られるペスタロッチーは、1746年スイスの都市チューリッヒに生まれた。5歳で父親を亡くし、母親と家政婦に育てられた。相当なお母さん子で、このことは彼の後の教育観に影響を与える。また、祖父が貧困者救済のために働いているのを見て、牧師となり宗教的信仰を以て救済事業にあたることを決意する。神や自然を愛する彼の心は、ここで芽生えたといってよい。学校教育に関して言えば、当時は教師が絶対的な権力をもち、知識を詰め込む教育が行われていた。彼はこういった教育を批判的に捉えていた。その後進..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。