【2016年度対応】 Z1001日本国憲法 佛大科目最終試験対策 6設題&解答例 95点

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数1,516
ダウンロード数61
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    科目最終試験 「Z1001日本国憲法」の解答例です。

    ※本番では、「③信教の自由と政教分離について論じなさい」が出題され、8割程度書いて95点合格でした。


     ■ポイント① 簡単な言いまわしや、同じ文言でまとめているので、このまま覚えていただいて大丈夫です!

     ■ポイント② 試験で問われる「キーワード」や「ポイント」を抜き出しているので、効率的に覚えられます!

     ■ポイント③ 重要な語句は、「赤字」や「アンダーライン」を引いているので、直前でも間に合います!

    試験対策にぜひご活用ください!

    ■他にもレポート、試験対策資料など多数販売しておりますので、ぜひご活用ください。
    http://www.happycampus.co.jp/?__a=gnb

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Z1001日本国憲法 科目最終試験
    ①報道の自由とプライバシーの保護について論じなさい
    ②表現の自由の制限について論じなさい
    ③信教の自由と政教分離について論じなさい
    ④校則と自己決定権について論じなさい
    ⑤法の下の男女平等について論じなさい
    ⑥基本的人権の保障の限界について論じなさい
    ①報道の自由とプライバシーの保護について論じなさい
    1.「報道の自由」
    ・表現の自由の一つとして、報道の自由が含まれる
    ・報道は国民の「知る権利」を充足させるのに、重要な役割を果たす
    ・報道は基本的には、客観的な事実を伝える活動である
    ・民主政治の運営にとって、事実伝達は重要である
    2.「取材の自由」
    ・報道を行うためには、報道内容について、取材することが必要不可欠である
    ・ただし、取材の自由は他者のプライバシーや利益に抵触する可能性が高く、制約が加えられることが多い
    ・しかし、取材の自由が十分に尊重されなければ、報道の自由を確立することはできない
    ・そのため最高裁判所は、「取材の自由は十分尊重に値する」としている
    ・博多駅テレビフィルム提出命令事件がその判例である
    ✩取材源秘匿の権利
    ・取材の自由と関..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。