【2016年度対応】 S0528 道徳教育の研究 佛大科目最終試験対策 6設題&解答例 85点

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数12
閲覧数1,562
ダウンロード数92
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    科目最終試験 「S0528道徳教育の研究」の過去問6題の解答です。
    本番ではこの内容の7割程度でまとめて85点合格でした。
     


     ■ポイント① 大学指定のテキストに沿って、簡単な言い回しや同じ文言でまとめています。

     ■ポイント② 試験で問われる「キーワード」や「ポイント」を抜き出しているので、効率的に覚えられます!

     ■ポイント③ 重要な語句は、「赤字」や「アンダーライン」を引いているので、直前でも間に合います!

    試験対策にぜひご活用ください!

    ■他にもレポート、試験対策資料など多数販売しておりますので、ぜひご活用ください。
    http://www.happycampus.co.jp/?__a=gnb

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0528道徳教育の研究 科目最終試験
    ①道徳教育の意義について述べよ。
    ②第2次世界大戦以前の道徳教育について述べよ。
    ③第2次世界大戦以後の道徳教育について述べよ。
    ④「生きる力」の育成と道徳教育について述べよ。
    ⑤欧米の道徳教育思想について述べよ。
    ⑥人間にとって、道徳がなぜ必要なのかについて述べよ。
    ①道徳教育の意義について述べよ。
    道徳とは…①人々が、善悪をわきまえて正しい行為をなすために、守らなければならない規範の総体
    ②法律のような外面的強制力を伴わず、それぞれの内面の中に存在するもの
    強制力伴わないが、「道徳は社会規範」の一つであり、社会一般化し、是認され、ある程度強制されるもの
    道徳には、①個人の自発性に支えられている部分と、②社会から強制されている部分がある
    道徳は時として、社会秩序の維持のために、社会的進歩を押しとめようと作用する場合がある
    道徳は、社会の変化に対応した新しい価値観が生まれたとき、その価値観を抑圧するような働きをする
    ⇒保守的な働きをし、時として時代に逆行する
    道徳は、ある社会・時代において、人々の規範の総体であるが、社会・時代が異なった場合は、摩..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。