【2016年度対応】 Z1001日本国憲法 レポート A評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,042
ダウンロード数38
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育課程 Z1001日本国憲法のレポートです。
    A評価をいただきました。
    レポート作成の際に、ぜひご活用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    法の下の平等について
    1.はじめに
    日本国憲法は、第十四条において、一般原則として徹底した法の下の平等を保障している。法の下の平等とは、国民1人1人が国家との法的権利・義務の関係において等しく扱われなければならないという憲法上の原則のことである。日本国憲法十四条一項で、「すべて国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない」とし、近代以前の、人を生まれによって差別する封建的な身分制度を否定するうえで、「個人の尊厳」を重要視し、「民主主義」を基礎とする平等思想を具体化し、定めている。
    2.自由と平等
     かつて哲学者や政治学者たちは社会の中での人々との不平等な状態を是正しようと試みてきた。古くは古代ギリシアのアリストテレスが平等思想を説いている。中世ヨーロッパではキリスト教の教えの中で、すべての人は「神の前に平等である」と説いている。しかし、これらの平等の考えは倫理的な要請や、宗教上の協議にとどまり、法律上の要請までに発展しなかった。その後、近代の啓蒙思想家は「人は生まれながらに平等である」、「国家はすべての人を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。