【2016年度対応】 S0104教育方法学 第2設題 レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数849
ダウンロード数34
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育課程、S0104教育方法学 第2設題合格済みレポートです。
    レポート作成の際に、参考にしていただければと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    知識基盤社会において、教師が経験に基づきながら、自らの教育技術や判断力を高めるための効果的なICTの活用方法を考えなさい。とくに、教育の情報化や育成すべき人材像をふまえて、必要とされる教師力の視点から具体的に説明せよ。
    新しい学習指導要領では、「生きる力」を育むという基本理念の下、各教科指導や、教員による適切なICT活用による授業、子どものICT活用を通じた情報活用能力の育成について、一層の充実が図られる内容となっている。従来の“情報手段に慣れ親しむ”から“基本操作を身に付ける”など、適切に活用できる能力の習得が明確化された。教員には、こういった基本的操作を確実に身に付けさせるための学習を、各教科や総合的な学習の時間を通して指導することが求められている。
     ICT活用については、1990年代から進められてきているが、「教育の情報化」という形でその推進計画が始まったのは、2000年度に始まった政府の、人類の直面する課題に応え、新しい産業を生み出す大胆な技術革新に取り組む「ミレニアムプロジェクト」からである。ICTの活用は、①情報教育(情報活用の実践力、情報の科学的な理解、情報社会に参画す..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。