【2016年度対応】 S0101教育原論 第1設題 レポート A評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数512
ダウンロード数7
履歴確認
更新前ファイル(3件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育課程、S0101教育原論 第1設題のレポートです。
    A評価をいただきました。 
    レポート作成の際に、ぜひご活用いただければと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)について考察せよ。
     教育実践家として知られるペスタロッチーは、1746年スイスの都市チューリッヒに生まれた。5歳で父親を亡くし、母親と家政婦に育てられた。相当なお母さん子で、このことは彼の後の教育観に影響を与える。また、祖父が貧困者救済のために働いているのを見て、牧師となり宗教的信仰を以て救済事業にあたることを決意する。神や自然を愛する彼の心は、ここで芽生えたといってよい。学校教育に関して言えば、当時は教師が絶対的な権力をもち、知識を詰め込む教育が行われていた。彼はこういった教育を批判的に捉えていた。その後進学し、貧民救済のために法学を学んだ。1771年イノーホフ農場を開き、その後孤児のための施設「貧民学校」を建て、彼らとの共同生活の中で、教育と労働を結びつける試みを行った。1798年、内戦による孤児のための施設をシュタンツに開き、実の親のように孤児たちを育てた。1801年にブルックドルフの初等学校教師となり、1804年にイフェルテンで学校を開き、世間から非常に高い評価を得た。数々の名著を残し、1827年81歳で幕を閉じた。
     以下に、彼の教育..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。