S0106 教育社会学 第1設題(2013年度)A評価リポート【佛教大学】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数441
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    S0106 教育社会学(2013年度)の第一設題リポートです。
    設題『学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると、教育はどのように変化するのかについて、学力の視点から述べよ。』
    テキストを中心にまとめ、A評価でした。
    リポート作成の参考にご利用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると、教育はどのように変化するのかについて、学力の視点から述べよ。』
     学歴社会はよく高学歴社会と混同される。高学歴社会とは、単に「高学歴者の多い社会」のことである。一方、学歴社会とは、「社会における社会的・職業的・文化的地位などの配分を基準として学歴が重きを占める社会」を意味する。学歴は配分の基準として考えられるものであり、論理的には「低学歴社会だが学歴社会」という社会もありうるし、「高学歴社会だが非学歴社会」という社会もありうる。つまり、学歴社会と高学歴社会は、その意味するところが全く異なるのである。重要なのは、学歴社会がただ単に教育を重視する社会ではないということである。今日、教育を重視しない社会など存在せず、教育を重視する社会を「学歴社会」とするならば「学歴社会」でない社会など存在しないのである。
     学歴社会は本来、封建的な身分社会からの解放のためのメカニズムであった。明治維新期、それまでの身分階級に縛られた形で人の教育・職業が決定されるシステムは適さないとされた。「富国強兵」の目標を達成するために、幅広い分野での相当数のリーダー..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。