2012年 文学 第二課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数233
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境情報社会文学言葉小説子供世界性格内容

    代表キーワード

    文学

    資料紹介

    チャールズ・ディケンズ オリバー・ツイスト

    評価:C

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    2012年度 文学 第二課題
    オリバーツイスト
     チャールズ・ディケンズ(1812-70)は、娯楽小説の要素と純文学の要素とを併せ持った作家である。1827年に学校を卒業すると、事務弁護士の雑用係として事務所勤務を行い、仕事の傍ら速記を勉強して議会リポーターを経て新聞の世界に入り込む。取材記事を精力的に書く一方で「ポプラ小路の夕食会」という短編小説が処女作品である。これが好評で、様々な短編を書き、「ボズのスケッチ集」として、まとめられる。「ピックウィック・クラブ遺文録」を執筆中に雑誌連載で書き始めたのが「オリヴァー・トゥイスト」(1837-39)である。以下に本題のあらすじについて述べる。
     
     主人公であるオリヴァー・トゥイストは、出生時に母親が亡くなったことにより救貧院で育つ。ここを管理する教区使のバンブルから頻繁に虐待を受けていた。ある日、くじ引きで選ばれ、孤児を代表して粥のおかわりを嘆願したことにより、オリヴァーは教区の問題児とみなされる。そして葬儀屋の下働きに出されるが、そこで働く従弟ノア・クレイポールがオリヴァーの母親の悪口を言ったことにより、逆上しノアを殴り倒して鞭打ちの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。