2011年度 地理学 第三課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数210
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日本中国経済エネルギー問題課題世界電力地理石油

    代表キーワード

    地理学

    資料紹介

    評価:C

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     2011年度 地理学 第三課題
    「石油代替エネルギー」あるいは「新エネルギー」と呼ばれるものの中から、3つを選び、それらの生産や利用のさかんな地域を説明せよ。またかかるエネルギーの生産や利用における問題点や課題を指摘せよ。
     21世紀のめざましい発展において化石燃料の存在は切っても切れぬ関係であることは云うまでもない。その石油の産出量には限界があり、現在の状態で使用し続けると30年後には枯渇すると云われている。そこで石油枯渇による経済停止などの混乱を回避するため近年石油代替エネルギーが注目されており、地熱発電・風力発電・太陽光発電・太陽熱発電・バイオマスなどが存在している。これらの代替エネルギーの中から地熱発電、風力発電、太陽光発電について以下に述べる。
     1.地熱発電
     先ず地熱発電であるが、この新エネルギーは火山活動などの地熱から用いる発電であり、化石燃料が不要で、なおかつ温暖化に掛かる負担が低いという利点がある。火山が多数存在している日本においては有効な新エネルギーであるが、積極的に採用されているわけではない。その理由として、費用対効果が低いことや、観光地問題などがあるが、国が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。