社会・地歴科教育法第1回(A評価)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数290
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    [社会・地歴科教育法] 法政大 第1回 設題 A評価
    「高等学校学習指導要領は、「現代世界の諸地域を取り上げ、歴史的背景を踏まえて多面的・多角的に地域の変容や構造を考察し、それらの地域にみられる地域的特色や地球的課題について理解させるとともに、地誌的に考察する方法を身につけさせる。」とある。アジア州より一国あるいは一地域を選び、歴史的背景を重視した地誌学習の指導案を作成せよ。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1
    社会・地歴科教育法
    第 1 回(1) 高等学校学習指導要領は、「現代世界の諸地域を取り上げ、歴史的背景を踏
    まえて多面的 ・多角的に地域の変容や構造を考察し、それらの 地域にみられる地域的
    特色や地球的 課題について理解させるとともに、地誌的に考察 する方法を身につけさ
    せる。」とある。アジア州より一国あるいは一地域を選び、歴史的背景を重視した地誌
    学習の指導案を作成せよ。
    高校地歴科(地理 B)学習指導案
    1. 日時 平成 24 年7月 24 日(金) 2限
    2. 学年・クラス 高 2 普通科 ○組
    3. 単元 国家規模の地域
    4. 単元の目標
    「地誌的」とは、日本、東アジア、アジアなど大小さまざまな地域を規模に応じて
    多面的・多角的に追求して各地域の特色を明らかにすることである。
    ここでは、マレーシアとインドネシアの 2 国を選び、学習する。
    5. 教材観
    第一次世界大戦後、特にアジア太平洋戦争中の歴史的事実を念頭に…
    ①多様な文化や自然環境を持つ地域であることを認識させ、多様性の中の統一を
    目標に努力していることを理解させる。
    ②豊かな自然が日本との結びつきを深めていることを..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。