社会・公民科教育法第1回(A+評価)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数265
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    [社会・公民科教育法] 法政大 第1回 設題 A+評価
    ① 「テキスト第1 編「中学校社会科の課題と実践」をすべて読んで何を学び考え、テキスト
    からどのように今日の中学校社会科の課題を理解したか述べなさい。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1
    95508 社会・公民科教育法 2 設題 (4 単 位)
    第 1 回(1) ①テキスト第 1 編「中学校社会科の課題と実践」をすべて読んで何を
    学び考え、テキストからどのように今日の中学校社会科の課題を理解したか述べ
    なさい。
    「先進国」といわれる欧米は、アフリカやラテンアメリカ、アジア諸国を植民地とし
    て組み込み、支配し収奪することによってはじめて自らが「先進」となれたという歴史
    的関係を見過ごしてはならない。かつて植民地であった国々は、今なお外国資本や技術
    に依存せざるをえない。また、民主主義的政治の実現が困難な状況となっている。(か
    つての植民地支配が、民主主義的政治の経験と蓄積を阻んできたため)
    日本の台湾統治も欧米のそれと変わりはない。敵対する部族は討伐し、恭順する部族
    に対しては「蕃童」教育所や療養所などを作り植民地支配に組み込む「理蕃」政策を行
    った。この結果、時間厳守の観念が育ち、伝染病や治療の研究も進み学校教育も普及し
    た。しかし、それは統治の貫徹のためであり、さらに、米やさとうきびの生産の増大に
    よる利益を得たのは日本の財閥であった。日本語の学習が科せられ、(二..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。