未成年者の行為能力について論じなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数710
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    未成年者の行為能力
    未成年者の行為能力について,検討する。
    本問については、まず行為能力について検討した上で,未成年者につき検討する。
    1 行為能力について
     ⑴ 行為能力の意義(法律というのは、言葉の問題ですので、まずはこれから)
       行為能力とは法律行為(一定の法律効果の発生を欲する者に対してその欲するとおりの法律効果を生じさせるための仕組みないし法制度)を、単独に有効にすることができる法律上の地位あるいは資格をいう。
    ⑵なぜわが民法は行為能力を制限する類型を 作成しているのか,その制度趣旨を考える。
    ① 権利義務の関係と意思
    近代法は,人が他人に対して拘束力をもつ根拠を,それによって拘束されるものの意思に求めた。
    換言すれば,意思を重要な要素として,意思に基づいて私法上の権利義務の変動が生じる物としたのである。このような構成を意思主義と呼ぶが,表意者の相手方からすれば,表意者の真意は,表示されたところから推測して判断するしかなく,相手方の意思表示を信頼して、一定の法律関係が設立された場合,実は、相手方にその表示に対する意思がなかった時には,それがため,いったん生じた法律..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。