教育課程論2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数271
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ゆとり教育をどのように考えるか、自らの学習体験、主張を交えて述べよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <ゆとり教育をどのように考えるか、自らの学習体験、主張を交えて述べよ>
     ゆとり教育について語る前に、ゆとり教育が導入された経緯についてふれたい。
    あ昭和30年代、40年代にみられた系統主義的な学習指導要領に沿った教育は、高度な学問知識が多く取り入れられた。そのため、教師が子どもに教えることのみが重視され、「つめこみ教育」が行われる傾向にあった。その結果、児童の学校生活にゆとりがなくなり、「落ちこぼれ」と呼ばれる授業についていけない生徒が多くみられるようになった。
     このような学校教育に対する反省から、知識を教えこむだけの教育にかたよることなく、知・徳・体のバランスのとれた発達を目指す教育課程..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。