佛教大 英文学研究第1設題

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数394
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大 通信
    英文学研究第1設題
    2013年合格済み

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ⅠからⅥ章までの章からふたつを選んで、それぞれの内容を1,200字前後でまとめてください。選んだふたつの章からひとつ段落を選び、日本語に訳して、最後に付け加えてください。(選んだ段落のページを訳の最後に「50ページ、第3段落」のように示すこと。)
    Ⅴ章
    イギリスにおいての現在のキリスト教は全ての町と村は教区に分けられた。そしてこれには過去の影響が大いにある。そして、それは歴史や文学、個々の記憶と関係がある。それだけでなく、建物やコテージ、屋根などキリスト教は様々なところに根付いている。教会なしにはイギリスはイギリスたりえないのだ。
     これらの教会の多く、特に田舎では、中世にまで遡ることができる歴史がある。そして、その構造は歴史の原点とも言っても差し支えないだろう。カトリックの習慣によって神への宗教的崇拝を表すために建造かれた。人々は日曜日と祝日にミサを行い、さらに敬虔深い人々は平日にも教会に通った。彼らは聖母マリアやキリスト、主、か見えない教義を得た。そして、教会の壁画には聖書の一場面が描かれた。当時の人々は、教会に入った時に子供が神の家にいるかのような、けれども見知らぬ家にいるような..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。