佛教大 英文学史 第2設題

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数249
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    佛教大 通信 
    英文学史第2設題
    2013年10月A判定合格済み

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    テキストの第7章「18世紀の散文、詩、劇」、第8章「小説の誕生、そして成長」、第11章「ヴィクトリア朝の小説」、第14章「戦後の文学」をまとめなさい。
    18世紀イギリスは市民社会の成長期であった。リアリズムが流行した。Daniel Defoeは事実性と面白さ、道徳的教訓性を組み合わせて執筆を行った。この小説は18世紀英国ジャーナリズムの基本的性格でもあり、小説の原点でもあった。Joseph AddisonとRichard Steeleはエッセイとも結びつけた。”The Tatler”と”The Spectator”を彼らは共同で刊行し、日刊形式のエッセイ集とも言えるこの冊子は大きく受け入れられた。
     18世紀前半のもう一つ流行したのは、風刺文学である。散文ではJonathan Swiftが流行した。カトリック、プロテスタント、英国国教会の無益な確執を風刺した”A Tale of a Tub”や、”The Battle of the Books”などで有名である。他にも、”Gulliver`s Travels”が特に有名だ。16世紀のユートピア文学の系譜も引き、18世紀社会の風刺をしつつ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。