教育相談の研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数136
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2012年合格済

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校における各種指導(教科指導、生徒指導、進路指導、特別活動等)と教育相談(学校カウンセリング)の関連について論じなさい。
     一般的に、「カウンセリング」とは、個人の持つ悩みや問題を、精神医学・心理学の立場から協力し、発言を与えることで解決することだと言われている。それは、カウンセリングそのものの原点が、牧師などが人々の信仰や家庭、日常生活の悩みを聞いたり、相談するという意味にあるからである。
     カウンセリングにおける悩みは大きく分けて3つある。「人生において誰しもがもつ悩み」「誰もがもつ可能性のある悩み」「神経症(ノイローゼ)による悩み」である。ここでは、今はそのことに悩んでいないとしても、その状況になれば誰しもが持つであろう「誰もがもつ可能性のある悩み」と、神経症の症状(不安、無力感、強迫感など)からくる「神経症(ノイローゼ)による悩み」について述べる。
     まず、カウンセリングには治療的カウンセリングと発達援助的カウンセリングの2種類がある。
    ・治療的カウンセリング プロフェッショナル・カウンセリング(=専門的カウンセリング)・・・クライエント(=患者)の内面的な問題や情緒的な葛藤..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。