日野市立図書館の日本図書館史における意義(八洲学園大「図書館史」優評価)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数958
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    八洲学園大学司書課程「図書・図書館史」で優評価を得たレポートです。
    最終課題のため添削コメントはいただけませんでしたが、成績は優でした。
    無償公開している、『中小都市における公共図書館の運営』に関するレポートと合わせて利用していただくと効果的かもしれません。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日野市立図書館の、日本図書館史における意義について論じなさい。
    『図書館史における日野市立図書館』
    はじめに
     図書館は人々の知的欲求を満たすために今日も図書館サービスを展開している。市民が蔵書を自由に利用できるようになったその歴史は浅く、『中小都市における公共図書館の運営』(以下、中小レポート)が刊行された1963年以降のことになる。現在、それからまだ半世紀ほどしか経っていない。
    資料の保存を重要視した図書館は本の倉庫と言っても過言ではない。それに携わる人にとって『中小レポート』の内容は青天の霹靂だったはずだ。だが、そのような当時非常識であった理念を実践し、実績を残した図書館がある。日野市立図書館だ。ここでは現代の図書館サービスの礎を築いた日野市立図書館の画期的な活動内容や、意義、影響力について考察していく。
    日野市立図書館の活動
     日本には戦前から公共図書館が存在していた。しかし貸出が有料で、入場料も取られていたため、個人が本を借りることに対して市民は抵抗があった。1950年に図書館法が成立したが、個人が図書館の本を自由に利用できる環境は整わなかった。その中、日野市立図書館は『中小..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。