社会保障論Ⅱ

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数52
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    介護保険において認定後受けられる給付の種類と内容をわかりやすくまとめなさい。この際、あなたの住む地域の介護保険広報誌・パンフレット・リーフレット等も参照するとよい。


    合格A


    3回目でようやく合格しました。
    地域の特徴、環境等を反映させないと合格には至りません。


    大変な教科ですが、頑張ってください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題第1設題                            
    _介護保険制度の目的は、介護を必要とする高齢者が自立生活を営むために必要なサービスを提供することである。制度は、「居宅サービス」と「施設サービス」の2つに分けられるが、平成18年の改正に伴い「予防サービス」と「地域密着型サービス」が含まれた。私の住む安城市の介護サービスの利用者負担は1割となる。  
    _はじめに、要支援1~2の方で利用可能なサービスに、在宅サービスがある。これは訪問介護員の自宅訪問によって受けるサービスで、入浴・排泄・食事等の介護等、日常生活の世話を行う訪問介護の施設が22ヶ所ある。例えば利用者が医療との連携に重点をおき、総合病院の系列だと安心だという要望であれば「ホームヘルプ八千代」をおすすめしたい。また訪問の際に浴槽を提供し、
                         (1)
    入浴介護を行う訪問入浴介護が3ヶ所。さらに、看護士が療養上の世話や診療の補助を行う訪問看護が6ヶ所。理学療養士・作業療法士・言語聴覚士がリハビリテーションを行う訪問リハビリテーション7ヶ所。医師や歯科医師、薬剤師、栄養管..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。