赤ん坊はなぜ人見知りするのか。大脳の発達から考察せよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数345
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    児童学の保健学的基礎Ⅰ
    合格 評価S

    生後6~7カ月頃から、赤ん坊は人見知りをする。

    参考文献
    児童学の保健学的基礎Ⅰ 森彪 聖徳大学 平成13年4月1日
    からだの不思議がわかる 山田真 実業之日本社 2010年7月8日

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     第2課題第1設題                          
     生後6から7ヶ月頃から、赤ん坊は人見知りをする。
     では赤ん坊が人見知りする時期と大脳の発達する時期との関連性は何か。赤ん坊はどのように他人を認知しているのか。このことについて大脳の発達から述べる。 
    _5ヶ月前後の赤ん坊は母親など、普段一緒にいて安心できる存在とそうでない存在とをはっきり識別できるようになる。また男性の低い声よりも女性の高い声や抑揚の効いた声を好んで聴く習性がある。一番重要な点だと思われることが、赤ん坊は他人にお世話をしてもらわないと生きていけないということだ。そのため、自分が最も安心でき、身の回りのお..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。