女性と子供Ⅰ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数158
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    女性と子どもⅠ

    代表キーワード

    女性と子供

    資料紹介

    合格 評価A

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題第1設題                           
     私がこの作品を読み、疑問に思った点が一つある。 
     それはなぜこの現代の山姥は人の心を読む能力が備わったのか疑問に思った。                 
     山姥にも幼い赤児の時代があった。しかしそれからの幼少期の頃のところで母親の人物像については書かれてあるが、彼女の父親はどういう人物だったかはあまり書かれていない。一文だけ書いてあると思われるのは、彼女の母親が時計を見上げながら思った。毎晩、毎晩夫の帰りが遅いという一文だ。「彼女は物心ついたときに、すでに山姥だった。」と書かれてあるが、もしこの父親が娘のことを何よりも愛していて、子育てにも協力的で、毎晩早く帰って来たのならば、山姥にはならなかったかもしれない。                     
     しかしなってしまった以上は子供の育て方を改め、しつけをきちんとするということが最善の策ではなかったのかと私は考える。氏より育ちということわざがあるよ
                          (1)
    第1課題第1設題                    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。