心理学研究法1 第一課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数202
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【課題】心理学研究で補助仮説が重要である理由と補助仮説を設定するときに注意すべき点について解説しなさい。
    【評価】B

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第一課題
    補助仮説とは、「心理学研究において、研究の結果から仮設の当否について判断を下すときに必要となる前提」のことで、「概念的な変数と具体的手続きの対応づけが明確に述べられたもの」である。「AであればBである」という仮説の実証を行っていく上で、この主仮説には、検証するための前提や条件などの諸命題となる補助仮説が存在する。そして、検証者は実証を行う際、変数をどのように操作・測定・統制すればよいのかということを考えなければならない。特に心理学研究においてはそこで扱う独立変数や従属変数は人間の感情や感覚、社会的心理など、形でわかりやすく捉えることの難しい抽象的な変数を扱うこととなる。そのため、実証..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。