聖徳大学 心理学研究法 第二課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数328
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【課題】人を対象とする心理学の実験で注意すべき点について解説しなさい。
    【評価】 A

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第二課題
    心理学の研究法には、観察法、実験法、調査法などが挙げられる。いずれの方法においても人工的な非日常性の中で生み出された心理学的知見は人々の日常的な状況における心理事象を扱っているときと比べ生態的妥当性が低いとされている。しかしながら、日常性や自然の導入がその心理事象を見えにくくしてしまうようであれば、非日常性や人工性を導入することは有意義性がある。ただし、妥当性を高めるために、実験室を離れて人々の日常生活が営まれている現場で実験を行ったり、実験室の中でも実験設定を出来るだけ日常的な状況に近づけたりするとこはできる。また、「人を対象とした研究」の実施にあたっては、被験者への倫理的な配慮も..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。