大阪芸術短期大学部通信 児童家庭福祉レポート第2設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数253
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    児童家庭福祉レポート 第2設題
    ・児童相談所の機能を論ぜよ。
    (1)子育て事情の変遷
     家庭や地域の子育て機能の低下が叫ばれるようになってから久しい。
     高度経済成長期に入るまでのわが国においては子どもが生まれると,生みの親はもちろん,家族,親せきなどもそれぞれが果たせる子育て上の役割を時と場合に応じて担っていたという。時には近所のおばさん(子育ての先輩)から育児の手ほどきを受けたり,直接手を借りるといったことも珍しいことではなかったようだ。また子どもは実の親との暗黙の連帯のもとに近所の大人にも見守られ,地域の子どもとして受け入れられ育っていった。
     その後の急速な経済成長と産業社会化は女性の雇用を拡大し,また,都市部への人口集中を加速させることにより,世帯の規模の縮小(核家族化,少子化)や地域社会における連帯の希薄化をもたらし,現在に至っている。このような社会の変容により,子育てを家族や地域社会が当たり前に助け合って担っていたものが,当たり前ではなくなってきた。結果として,生んだ母親にその負担が集中してしまうことになり,育児上の困りごとや問題が生じたときにアドバイスを求めたり手を借り..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。