レポート 健康指導法 【B】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数269
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    健康指導法 第2設題
    子どもの遊びに保育者が果たす役割を考えなさい。
     「子どもの生活は遊びである」とか「遊びは生きることを学ぶ術である」といわれる。子どもは一般的に大人に比べて生活の中で遊びの占める時間長く,遊びとその他の活動との違いが子どもに意識されることは少ないとされる。そうした中で子どもは,様々な遊びを通じて身体,精神,知性,社会性などの人間性として必要な基本的条件を獲得していく。本来,遊びとは子どもが自発的,主体的に取り組み自由に発展させていくものである。それらを援助し,どう指導していくか,保育者の果たす役割を考えていく。
     保育者に親しみ信頼感と安心感をもつことで,緊張感と不安感をなくし,自ら主体的に行動する基板をつくるには,保育者はつねににこやかな表情で子どもに接し,子どもの気持ちに共感し,受け止める。子どもが安心感を持つようにすることが豊かな遊びへとつながる。登園して来た子どもは,それぞれ違う姿をみせる。遊びを楽しみに笑顔で登園する子,母親との別れがつらくてむずがる子さまざまである。大勢の中での個々の動きを把握することが必要となる。
     園にはブランコ,滑り台,鉄棒などの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。