大阪芸術大学短期大学部通信部単位修得試験対策 子どもの保健Ⅰ【良】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数593
ダウンロード数29
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.保育の場での保健活動を実践する為に必要なことを述べなさい。
     保健活動とは,子どもが持っている発育発達する能力が十分に発揮されるよう支援することが目標である。それにはひとりひとりの子どもの健康状態をよく把握することが出発点である。
    ・朝,子どもを迎えるとき親子双方の様子をよく観察し,家庭での子どもの様子を詳しく尋ねる。特に食べ具合,睡眠時間と質,排せつの様子,機嫌,これらを具体的に尋ねる。また,保育の場での子どもの様子も伝え子どもの情報を共有し,家庭と保育施設の生活のリズムにも注意を払う。
    ・子どものかかりやすい疾病に関して適切な知識を持っている。その種類に応じて迅速な処置が必要であり属宅医との連携が重要となる。常に新しい知識を得て,対処法や予防法について認識を深めておく。
    ・体温の測定,機嫌,食欲の判定。子どもの体調は急に変化しやすいので常に気を付けて観察を行う。
    ・事故の予防。子どもの運動機能の発達に伴い,事故の起こる可能性も広がる。室内,屋外の環境整備を怠らない
    ・子どもの発達する応じた運動,休息,食事,排せつ,衣服の着脱など基本的生活習慣の確立。これらは生命の保持に必要であ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。