大阪芸術大学短期大学部通信部単位修得試験対策 家庭支援論【優】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数464
ダウンロード数25
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ・虐待にかかわる制度・施策と家庭支援についてその現状と対策を論述せよ。・家族の意味と機能について論述せよ。・障害児のための在宅福祉サービスと家庭への支援の現状を論述せよ。・子育て家庭を取り巻く状況に関連する次のことについて説明せよ。・保育所による家庭支援に関する次の事について説明せよ。・子育て支援ための次の社会資源について説明せよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ・虐待にかかわる制度・施策と家庭支援についてその現状と対策を論述せよ。
     児童虐待から子どもを守るために,「児童福祉法」「児童虐待の防止等に関する法律」という法律があり,保護者がいないか保護者に監護させることが不適当と認める児童は,福祉事務所又は児童相談所に通告しなければならないと規定されている。通告・相談を受けた児童相談所は,速やかに児童の安全確認を行うとともに,虐待の状況や家庭環境等について調査を行い,緊急保護の要否について判定しなければならない。しかし,近隣が虐待に気づいていながら通告に至らず児童が死亡したり,通告されても児童相談所が介入に慎重になりすぎたためにその死を救えなかった事例がみられるなど救済システムが十分に機能しているとは言いがたいのが現状である。そのため発生を予防するためにも家庭支援が必要とされている。養育支援が必要となりやすい状況にありながらも近隣から孤立し,社会的な支援が得られにくい状況にある家庭を積極的に把握し,養育が困難になっている家庭等に対して,例えば産後うつ病,育てにくい子ども等複雑な問題を抱えている家庭に対して,保健師,助産師,保育士等の専門職が育児に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。