大阪芸術大学短期大学部通信部単位修得試験対策 児童家庭福祉【優】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数391
ダウンロード数30
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ①児童相談所の業務について②児童に対する手当について③現在の里親制度について④「児童の権利に関する条約」と子どもの権利をまもる取り組みについて⑤保育所に関する⑥ひとり親家庭について

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1,児童相談所(子ども家庭センター)の業務について論述せよ。
     児童相談所は,子どもに関する家庭その他からの相談に応じ,子どもが有する問題又は子どもの真のニーズ,子どもの置かれた環境の状況等を的確にとらえ
    個々の子どもや家庭に最も効果的な援助を行い,もって子どもの福祉を図るとともに,その権利を擁護することを主たる目的として,都道府県,指定都市及び児童相談所設置市に設置される行政機関である。
     主な常務として
    :子どもに関する家庭その他からの相談のうち,専門的な知識及び技術を必要とするものに応ずること
    :子ども及びその家庭につき,必要な調査並びに医学的,心理学的,教育学的,社会学的,及び精神保健上の判定を行うこと
    :子ども及びその保護者につき,調査又は判定に基づいて必要な指導を行うこと
    :子どもの一時保護を行うこと
    :施設入所等の処置を行うこと  などである。
    2004年に児童虐待防止法ができたことにより,通告件数が大幅に増加し,限られた人手の中で上記のような実務が追い付かないという混乱が起きている。しかし,人員を増やしたとしても質が伴わないとかえって混乱が起こるのも事実である。したがっ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。