大阪芸術大学短期大学部通信部単位修得試験対策 保健体育【優】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数251
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ①幼児期の運動発達の特徴②子どもたちのやる気を引き出す③レクリエーションスポーツの必要性④運動している子どもたちを支援する⑤スポーツの場におけるリーダーシップ⑥運動を楽しませながら,子どもに自信や満足感を与えるポイント

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ・幼児期の運動発達の特徴を考慮し,重視しなければならないポイントを述べよ。
    遊びを中心に形成されることが重要である。子どもの集中力は短時間しか続かず,注意は常に新しいものに向けられ,一つの運動を長く行うのは珍しい。このことは,身体的にも精神的にも疲れを軽減し,技能面においても多くの技能を一緒に習得させる。
     また,最も大きい役割を果たすのは成功体験による運動記憶の形成である。そのためには,環境条件が豊富で,変化に富んでいるほど,運動好奇心が高まり,保育者のことばかけにより励まし,活動意欲を促すことが幼児期の運動を発達させるためには大切である。
    ・子供のやる気を引き出すために,指導者にとって何が必要なのか,1つの運動遊びの例を挙げて述べよ。
    子どもたちのやる気を引き出すためには,ことばかけが大切である。ことばというのは,相手にこちらの真意が伝わって初めて効果を発揮するものである。
     例えば,鉄棒の足かけ上がりができるようになった子どもに,その子の顔も見ないで「よくできたね,すごいね。」と言っても,子どもは半信半疑である。同じことばかけであっても,その子どもの気持ち(ようやくできて喜んでい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。