Z1001 日本国憲法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数317
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    A判定でした。
    2012年シラバス対応

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    法の下の平等について
    日本国憲法は「すべての国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分または門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない」と14条第1項で規定している。「人種」とは、人の人類学的区別である。現在、日本の統治に服する異人種の国民は少なく、問題は他国に比べて少ない。外国人であることを理由とする差別は含まれないが、原則として外国人を差別しないことが憲法の趣旨である。次に「信条」とは思想上の主義、宗教上の信仰を意味する。「性別」による差別の禁止は、あらゆる分野での男女同権の保障となっている。「社会的身分」という言葉は通常、人の出生にもとづく社会的地位を意味している。「門地」はそのうち、家族的な身分すなわち家柄のことである。
    自由と平等
    自由権すなわち国家からの自由は、人権宣言の中心を占める古典的人権であり、自然法に基礎をおくと考えられた重要な人権である。
    自由権を3つに分類すると「精神の自由」「人身の自由」「経済活動の自由」がある。
    「精神の自由」とは、人間の精神活動の自由とされているが、7つに分類できるが量的にも広く精神的自由を保障するととも..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。