S0618 算数科教育法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数306
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育課程S0618算数科教育法のレポートです。A評価いただきました。【第1設題】「算数科の目標(2つの立場)と評価(行為動詞含む)について双方の関係を含めて記述し、その後、自分の視点で考察せよ(1600字程度)。数と計算、量と測定、図形、数量関係、集合・論理の教育のうちから一つを取り上げ、各学年での指導内容の構成と、指導ポイントにちて記述せよ(1600字程度)」レポート作成時にはご自身の言葉でまとめる事をお勧めします。レポート作成時の参考としてご活用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【第1設題】算数科教育の目標(2つの立場)と評価(行為動詞含む)について、双方の関係を含めて記述し、その後、自分の視点で考察せよ(1600字程度)。数と計算、量と測定、図形、数量関係、集合・論理の教育の内から一つを取り上げ、各学年での指導内容の構成と、指導のポイントについて記述せよ(1600字程度)。
     算数科教育の目標を考えるに際しては、大きく分けて2つの立場から考える事が出来る。まず国が定める基準としての立場があり、それは学習指導要領によって具体化される。小学校学習指導要領の中では以下5つの点に分けてさらに具体化される。「算数的活動」とは「児童が目的意識をもって主体的に取り組む算数にかかわりのある様々な活動」を意味し、これを取り入れ、児童が主体となる楽しくかつ日常的事象と結びついた授業が展開されることが求められている。「知識・技能」については数量や図形の「意味・概念」の理解や「式化・記号化」などの習得が目指される。また「筋道を立てて表現する能力」では論理的に考えたりする思考力を高め、表現力の育成を図ることが重要とされる。「算数的活動の楽しさ」は「日常の事象と結び付ける活動」「作業的..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。