算数科指導法レポート1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数426
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    近大姫路大学通信教育課程の合格レポートです。学習の参考にし、ご活用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    算数科指導法設題1
    設題1.学習指導要領に挙げられた算数科の目標を解釈し、その目標の実現に重要な要素となると思われることを本文から3点挙げ、その理由をまとめてください。
     算数科の目標は、「算数的活動を通して、数量や図形についての基礎的・基本的な知識及び技能を身に付け、日常の事象について見通しをもち筋道を立てて考え、表現する能力を育てるとともに、算数的活動の楽しさや数理的な処理のよさに気付き、進んで生活や学習に活用しようとする態度を育てる」となっている。平成20年の学習指導要領では主に次の3点において改訂された。
    ①「数学的活動」が冒頭に移り目標の中での位置付けがより強化された。
    ②「表現する能力」という文言が加わり、思考活動に加えて自分の考えたことを発表したり説明したりする能力の育成に重点が置かれるようになった。
    ③「生活に生かそうとする態度」が「生活や学習に活用しようとする態度」に変わり、身に付けた知識や技能を活用することが重視されるようになった。
    このように改訂された目標を以下の五点に分けて解釈していく。
    算数的活動
    これは目標全体にかかる算数の学習指導の進め方の基本的な考え方で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。