教育方法論レポート1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数500
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    近大姫路大学通信教育課程の合格レポートです。学習の参考にし、ご活用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     設題1.ヘルバルトの五段階教授法とデューイの問題解決学習を対比させながらそれぞれの概要を紹介するとともに、各々の特徴、問題点について論述せよ。
     まず、ヘルバルトの五段階教授法とは、ヘルバルトが、近代教育の父と呼ばれるペスタロッチの直観教育法(子どもが実際に見たり体験したりする中での直感を重視した実践教育)に影響を受けて提唱した教授理論を、ヘルバルト学派のツィラーやラインが継承・発達させた教授段階論のことである。予備、提示、比較、総括、応用の5段階に教授段階を分ける。日本においても、明治期の近代教育を推し進める中で、教育内容よりも、授業の形式化・定式化の方法として広まった。
    ヘルバルトは、教育の方法として、管理、訓練、教授の3つを挙げている。管理とは教授の前段階であり、生徒の秩序の維持を作業、監視、威嚇、処罰などの方法で行う。訓練とは、生徒の心情に働きかけて道徳的品性を磨くことであり、規則、援助、規程などの方法で行う。教授とは、イメージや経験などを心に残るものとすること(表象)を整理し、拡充・深化させることである。教授の方法として、人間には2つの発達段階があると考え、第一は経験した事..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。