教育課程論レポート2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数202
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    近大姫路大学通信教育課程の合格レポートです。学習の参考にしご活用下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     設題2.教育課程を実施するにあたっての配慮事項と教育課程の評価について、あなたの意見を踏まえて論じなさい。
     まず、教育課程とは、国からの基準となる、学習指導要領を基に、学校や子どもの実態、県や市の教育委員会からの指導助言、学校の教育目標や地域の特性などを加味しながら、それぞれの学校毎に作成されるものである。教育課程には、学習する教科や領域の内容、年間指導計画、授業時数の配当、評価の方法、校時表、学校の教育目標などが記される場合が多い。
     次に教育課程を実施するにあたっての配慮事項について述べる。学習指導要領に記された配慮事項は以下の12項目であり、今回の改訂では、言語活動の充実、見通しを立てたり振り返ったりする学習活動の充実、障がいのある子どもの指導の充実、情報教育の充実の4項目の充実が図られている。
     以下では12項目それぞれについて述べていく。
     ①児童の言語環境の整備と言語活動の充実
     今回の改訂は教科における基本的な概念の定着を目指している。知識や技能の活用には言語に関する能力が必要であるという観点から言語活動の充実が図られた。言語は、豊かな心を育むためのコミュニケーション..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。