教育課程論レポート1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数258
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    近大姫路大学通信教育課程の合格レポートです。学習の参考にし、ご活用下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     設題1.学習指導要領の役割と平成20(2008)年度改訂の学習指導要領の特色について論じなさい。
     まず、日本における教育課程の変遷について述べる。日本の教育課程は明治期に始まり、WWⅡを境にその内容は大きく異なる。戦後においてその内容は、児童中心主義と学問中心主義の間で揺れ動いている。
    戦後の教育課程について大きく分けると、昭和20年代はGHQの意向により、経験主義や問題解決学習が取り入れられた。次に学力低下の批判や高度経済成長に合わせて系統主義や教育の現代化が行われたのが昭和30~40年代である。昭和50年代にはそれまでの詰め込み型の学習への批判からゆとり教育が取り入れられ、教育内容の精選が行われた。平成となってからもその流れを引き継ぎ、新学力観や生きる力などの考えに基づいて、主体的な学習の仕方や総合的な学習の時間が設けられた。そして平成20年にはそれまでのゆとり教育での学力低下の懸念や知識基盤社会への対応から、言語活動が重視されるなどした。このように教育課程は、時代背景や教育への反省から様々な変遷を遂げている。
    このように学校で学ばれる知識や技能などの内容は、様々な理由により取..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。