白雪姫の真相

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数393
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    白雪姫の真相
                   
    1.白雪姫の誕生
     ある国の女王様は子供がほしいと考えているうちに、①指を針で刺してしまいました。血が数滴、雪の中へ落ちました。そして女王様は毎日子供ができるように願っていました。
    それから間もなく、美しい子を授かりました。②雪のように白く、血のように赤く、黒炭のように黒い髪の少女は白雪姫と名付けられました。女王様は、この国で一番美しい人でした。ところが、白雪姫は十万倍も美しいのでした。③女王様は鏡に聞きました。 「鏡よ、鏡。この世で1番美しいのは誰だい。」
    鏡の答えはこうです。           「それは白雪姫、彼女が1番美しい。」 
    これを聞いた女王様は、④自分こそこの国で一番美しい人でありたいと思っていましたので、我慢できません。
    ①指を針で刺すのは普通の正常の心理状態と言えない。自分自身で傷つける行為であるから自傷とも考えられるが、この場合何かに憎しみでもあるのだろうか。
    ②「黒・白・赤」は、ドイツの旗の色と同じである。興味深いところである。
    ③魔女でない女王様が魔法を使えるというのは奇妙である。しかし、鏡は実在していて、実際に言..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。