ミュラーリヤー錯視 レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数2,203
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ミュラーリヤー錯視に関するレポートの内容。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    心理基礎実験
    -ミュラーリヤー錯視における             鋏角の変化と錯視量の影響-                           
                       学籍番号
    人は目や耳などを使って自分のまわりの状況を知覚している。しかし、普段見慣れているものが状況の変化によって異なって見えるといった現象が起きる。このような不確かな感覚の大きな原因の1つが「錯視」である。 たとえば、ジーパンのブーツカットスタイルは裾が広がっているため、より足を長く見せる効果がある。その他にも、さかさ絵や、だまし絵などの有名なアートも代表的な例である。錯視には様々な種類があり、大きさや角度などが異なって見える幾何学的錯視図形に注目し、ここでは、ミュラーリヤー錯視についてとりあげる。
    ミュラーリヤー錯視とは、同じ大きさの直線の両側に向いた矢印と、Vの字のように開いた直線の長さを比較し、内向きのついた直線より、外向きのついた直線が長く見える錯視である。
    Gregory(1959)は、ミュラーリヤー錯視には、三次元の知覚が関わっていると主張している。ミュラーリヤー図を縦において見ると、鋏..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。