社会福祉論 設題2 近大姫路大学

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数372
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    平成25年度近大姫路大学通信教育課程「社会福祉論」合格済みレポートです。レポート作成の参考としてお使い下さい。

    設題:社会福祉援助技術の3つの体系について、1500字程度で述べなさい。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ◆総評◆
    設題の理解 ― 2:理解できています
    文章の表現 ― 1:良く表現されています
    参考図書 ― 2:利用した足跡が見られます
    内容 ― 1:内容が豊かであり、よく学習しています

    ◆所見◆
    よくまとまっています。ケースワークの流れやその際に必要となる視点についても学習を深めてください。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    テキストの内容を中心にまとめました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設題2:社会福祉援助技術の3つの体系について、1500字程度で述べなさい。
     社会福祉援助技術とは、社会福祉の分野で援助活動に活用される専門的な援助技術の総称であり、ソーシャルワークとも呼ばれる。その援助方法の違いから、「直接援助技術」「間接援助技術」「関連援助技術」に分類される。
     「直接援助技術」とは、援助者が利用者の抱える施設や在宅等での生活課題・問題について、利用者に直接働きかけて解決や軽減を図る援助技術であり、個人や家族を対象とした「個別援助技術(ケースワーク)」と、集団を対象とした「集団援助技術(グループワーク)」で構成される。これに対して「間接援助技術」とは、利用者に直接働きかけるものではなく、直接援助技術の背景となる条件整備や改善・施策などの基盤作りを促進する援助技術であり、「地域福祉援助技術」「社会福祉調査法」「社会福祉運営管理」「社会活動法」「社会福祉計画法」という5つの方法からなる。また「関連援助技術」とは、直接援助技術・間接援助技術を活用するときに利用される援助技術であり、様々な領域で活用される方法・技術のことである。「ネットワーク」「ケアマネジメント」「スーパ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。