S0534 教育相談の研究 第一設問 A判定 最新

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数545
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育課程 S0534 教育相談の研究のリポートです。    参考文献  『学校カウンセリング入門』  友久久雄 編著
    ※リポートは縦書きになりますので、ご注意ください。
    ※また、リポート作成時に、タイピングしていて見やすい書式に変更してあります。


    シラバスの「学習の要点」を取り入れながら、まとめました。
    参考にしてみて下さい。


    2013年1月に提出しA判定を頂きました。
    ▼教授による所見(一部)
    教師とスクールカウンセラーの役割と取り組みについてよく述べられている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい。
    カウンセリングには大きく二種類あり、治療的カウンセリングと発達援助的カウンセリングに分けられる。治療的カウンセリングとは、専門的な知識と技術を用いて患者の症状や病気の治療することである。意識と行動に不一致が生じた時、自我の中の無意識を意識化して意識と行動を一致させて意識の方が無意識よりも強くなるよう変え、神経症を回復させる技法を用いたカウンセリングが精神分析である。発達的カウンセリングは子どもの人格がバランスよく発達を遂げるよう援助・修復することであり、あわせて症状や問題行動の改善を目的とする。
     学校カウンセリングは「学校で行われるカウンセリング」より深く、これまでのカウンセリングの粋を越える新しい世界が広がっていると考えられる。学校カウンセリングを誰が行うかという視点から教師が行う教師カウンセリングとスクールカウンセラー(以下、SC)が行うスクールカウンセリングがある。教師カウンセラーの定義にて「ある程度の研修を受け、その専門性を意識しており、実際に問題事例に対して、自らカウンセリングを実施する教育相談係」と述べて..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。